不倫慰謝料の取り方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

慰謝料を請求するシーンにはいろいろなことが考えられますが、不倫でも慰謝料を請求することはできます。配偶者が浮気、不倫をしたときだと張本人である配偶者にはもちろんですが、その相手にも慰謝料を請求することが可能ですし、どちらか一方だけ、両方に請求するということもできます。法律的に考えると不倫は二人で行った一つの不法行為に対する慰謝料ということになりますから、どちらにも請求することが可能になるのです。

不法行為慰謝料を請求するにはその行為が本当に不法行為に該当するかどうかがポイントとなります。不法行為とならないのであれば慰謝料請求できませんし、もししたとしても支払ってもらえる可能性は低いでしょう。婚姻関係にないときの浮気だと慰謝料を請求しても満足いく額を受け取れるかどうかは微妙ですが、婚姻関係にあるときの浮気は不倫、不法行為にあたると言えますから高い確率で慰謝料をとることができます

こうしたことは多少法律に詳しい方ならご存知だと思いますが、あまり知る機会もありませんからご存知ないという方もおられるでしょう。そこで、このサイトでは慰謝料を請求するために知っておくべきことをまとめたいと思います。不倫の慰謝料を請求するにあたって弁護士へ相談するメリットについても併せて言及しますから、今現在パートナーの不倫に頭を悩ませている方、慰謝料をとってやりたいと考えている方はぜひ参考にしてください。お役に立てれば幸いです。