条件について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

慰謝料不倫の慰謝料を請求するためには法律的な観点から不法行為にあたる必要がある、ということを最初にお話しました。では、どのような行為が不法行為にあたるのかということですが、まずは婚姻期間中に肉体関係を持つことが挙げられます。婚姻期間中に肉体関係があれば不法行為とみなすことができますからこのケースだとほぼ例外なく慰謝料の請求は可能となるでしょう。また、不法行為に故意、または過失があること、不貞行為によって権利の侵害があることも条件となりますから覚えておいてください。

実際のところ慰謝料を請求していくら貰えるのかという部分はもっとも気になるところだと思いますが、これはケースバイケースです。相場にも幅があるため一概には言えませんが、だいたい200万円前後ではないでしょうか。数十万円で終わるケースもあれば、300万円以上になることもあります。資産状況などによっても変わってきます。不倫が悪質である、それによって被った損害が多いとなると高い慰謝料額を請求することも可能ですが、そのためにはそれを証明するための証拠も必要となるでしょう。また、最終的に裁判になる可能性もありますから弁護士への相談についても検討する必要があります。

 

相談するメリット

裁判になると書面の作成もありますしさまざまな手続きが必要となりますから弁護士へ相談するのがもっともベストな選択となります。自分でできないこともありませんが、法曹についての知識がないとなかなかできるものではありません。不倫の慰謝料について弁護士に相談すれば、相場の慰謝料請求を考えてくれますし、配偶者や不倫相手との交渉も行ってくれます。自身が握っている証拠で慰謝料を請求することができるのか、請求できる場合だとどれくらいの慰謝料をとることができるのかといったことも弁護士が説明してくれます

弁護士弁護士によってはこうした問題をメインに扱っているような方もいますから、できるだけ男女問題や不倫問題に強い弁護士に相談することをおススメします。

相談だけなら無料というケースも多いですし、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。ほとんどの方は慰謝料の請求などしたことがないでしょうし、どのような手順で請求すればいいのかも分からないはずです。弁護士に相談すればこれからまずどうすればいいのかについても教えてくれますし、問題を解決するためのベストな答えを出してくれるのではないでしょうか。まずは相談することです。